Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/subjunctive/izabelladayspa.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

荻野暢也講師の持論・名言・迷言?「イジメをしてる生徒なんてぶん殴って当然に賛否両論

代ゼミの数学では名物講師と言って間違いない一見チンピラ柄で
(…などと私は思ってませんが…)強面の荻野暢也講師!ネット上では
『接点T』『この点は出ねぇよぉ!』『3倍ワクワク』
・・・など、従来の講義スタイルでは表せないところが話題ですね。
そんな代々木ゼミナールの人気講師である荻野暢也師ですが
昨今の体罰問題に対して自身のTwitterで、教師はぶん殴って当然
・・・という荻野暢也講師のモチーフである持論を展開しました。以下引用

高校生の頃校門でネクタイしてなかっだけで体育教師に竹刀で殴られたときは、
こいつ本当に馬鹿なんだなと思ったが。
最近の風潮から教師が体罰も怒ることさえ出来なくなることは
いじめを増長することに繋がる
いじめ加害者は殺人未遂、口で言ってわからないなら
被害者を救うためにぶん殴って当然

いじめによる障害はそのときだけに留まらない。
何年も経って心療内科に通うことになり
人生を足踏みしなければならなかった生徒を数多く知っている。
私の出た高校がそうだったが気の弱そうな生徒は殴れるくせに
本気でグレてるような奴らは見て見ぬふり、
もしくは機嫌をとる、そんなクズ教師が多かった

いい意味でね、教師は強くならなきゃダメなんですよ。
てめえのガキがいじめておいて怒ったら逆ギレしてくる馬鹿親に対して
毅然と接することが出来る権限を与えるべき。

私ならいじめ加害者にこう言う
「俺はこれでクビになるけど、一生おまえが人殺しだといい続ける。
おまえの会社でも結婚式でも」

oginotwitter2
講義には真剣かつ厳しい態度で臨まれる荻野暢也講師のセリフなので
心にも響くかもしれません。私が受講してた時は、荻野暢也講師の講義で
眠ってた(ある意味)勇者がいて、例によって例のごとくブチ切れてましたね。

荻野暢也講師の講義中に携帯が鳴った学生がいたときは、携帯電話をへし折った
…なんて話を、古文の吉野敬介講師(当時:代ゼミ、現:東進)
が言ってましたが、本当なのかウソのなのかは不明です。


【関連記事】こちらの記事もご覧ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ