Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/subjunctive/izabelladayspa.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

代ゼミ数学講師 山本俊郎講師の評判は?

yama921toshi
京都大学経済学部卒(なんと…文系)
京都大学大学院経済学研究科博士課程中退

「分かりやすさ」と「板書の完璧さ」…という面において
代ゼミのみならず、予備校業界では山本俊郎講師
が間違いなくダントツ(断然トップ)です。

講義を聞いて分からない…ということはまずありえません。
山本俊郎講師の講義を聞いて分からない方は、
講座選択を間違えていると思います。

toshi923yama
板書が完璧過ぎて感動しますが、そのせいか
講義の延長が多かったり・・・。

講義のスタイルは、解法の原則を話した後
問題に対してどうしてそのような公式を使うのかを
じっくり述べて…(「先生なんでそうしたの?」
のような一人突っ込みしながら説明)
その後、びっちり板書するスタイルをとります
別解をいっぱい紹介してくれます。
ただし進度がかなり遅く、山本先生の単科ゼミでは
90分で2問しか進みません。過去あった単科ゼミの
難関大へのoriginal 文系数学や理系数学では
1問しか進まなかったときも・・・。

浪人生の講義の最後の方は、プリント配布攻撃か
板書を写し作業になる可能異性も…。

経済学部卒で数学…ということで
特異そうな経歴を持っていますが、
経済学部は微分積分をバンバン使います。
(海外では受験で、数学が必須です…。)
大学院の入試などでは、微積がバンバン
登場しますので、問題はないのですが、
どちらかというと、微積以外の講義のほうが
合っているような気がします。

単科テキストでは拓哉君(多分:木村拓哉氏)と
貴子さん(多分:常盤貴子さん)が登場します。
この2人と先生が会話する形式のテキストは
1998年からスタートしています。

----- 書 著(新刊含む)-----
センター攻略 山本俊郎の数学1・Aエッセンシャル34
センター攻略 山本俊郎の数学II・B エッセンシャル40
センタ-攻略山本俊郎の数学1A頻出パタ-ン30
センタ-攻略山本俊郎の数学IIB頻出パタ-ン36
山本俊郎の数学IAIIB発想の原点(2(図形編))
山本俊郎の数学IAIIB発想の原点 ピンポイント攻略 1 達人講座

山本俊郎講師の講演会
山本俊郎講師の講演様子…変わらず板書が芸術的です。


【関連記事】こちらの記事もご覧ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ